職人家具工房「工象」職人ならではのきめ細かさ・確かな技術
工象 HOME
「椅子・ソファのお悩み解決」修復・張替
会社紹介
作品紹介
製作工程
会社概要
アクセス
お問合せ

黄綬褒章200
小池 譲(椅子張工/国家検定技能士)東京都優秀技能者「東京マイスター」知事賞/全技連マイスター
新デザイン創作/特殊な張替・修復
小池譲 プロフィール詳細
椅子張り研修制度

 →歯科診察台ユニット張替え
  株式会社ヨコミゾメディカル


 サイトマップ

 有限会社 工象
 〒359-0015
 埼玉県所沢市日比田424-9
 [E-mail]ykoike@ko-sho.com
 [TEL] 04-2991-4821  
 [FAX] 04-2991-4823

作品紹介

障害者用車シート
 

背中から下半身にかけ動かす事の不自由なお客様から運転席シートの作製依頼を受け製作に取り組みました。
仙骨部分に褥瘡(ジョクソウ)があり患部を刺激せず、身体の安定とともにかかる圧力を分散させられるよう思案いたしました。

使っていたシートはフラットな物

   
使っていた障害者用車シート
使っていた障害者用車シート    

1度目の製作
ベースの大きさ・高さは元のシートと同じにし、成形をはじめました。

【1】
障害者用車シート
【2】
障害者用車シート

チップ(粉砕したフォーム材を圧縮固めたもの)でお尻や足の受けになるへこみを切り出していく。
       
【3】
障害者用車シート
【4】
障害者用車シート
【5】
障害者用車シート
【6】
障害者用車シート
【7】
障害者用車シート
【8】
障害者用車シート

別々に切り出した物を接着して、へこみがゆるやかになるように部分的にチップを付け切り出し腰部分の支えの位置を決めて段差、角がないよう削ります。削り終わったら適度な反発のウレタンを接着しシート中身は終了。
       
【9】
障害者用車シート
【10】
障害者用車シート
【11】
障害者用車シート
【12】
障害者用車シート
【13】
障害者用車シート
【14】
障害者用車シート
 
中身のフォーム材から型を取り裁断、キルティングを施しシートカバーを作製。
シートカバーを中身にかぶせる時へこませた部分が浮いたり動いたりしないようにキルト部分を接着してからかぶせて完成。

 

2度目の製作
1度目に作ったシートをお客様のところに持っていき実際に座ってもらい乗り降りに弊害がないかなど修正点を上げ、お客様・奥様からの意見を聞き改良版の製作を開始しました。
【1】
障害者用車シート
【2】
障害者用車シート
【3】
障害者用車シート
【4】
障害者用車シート
【5】
障害者用車シート
【6】
障害者用車シート
【7】
障害者用車シート
 

ベースは前回と同じでお尻と足の支えになるへこみを大きく緩やかに切り出しをして腰部分の支え部分の形を前回より包み込む形に改良。

1工程ごとにシートを合わせ確認をしながらシート中身を仕上げていきました。

完 成
障害者用車シート 障害者用車シート
生地を通気性があり摩擦の少ないものに変えシートカバーを作製し前回と同様にキルト部部を接着してから中身にかぶせて完成。

 

オリジナルソファ障害者用車シート特殊シート他店舗ソファ

 

(C) Copyright2008 有限会社 工象.All rights reserved
工象 HOME